ネット社会恐怖の悪口は対策できる!全力サポートしてくれる会社ご紹介

>

会社決定に注意したいポイント徹底検証!

確認ポイントチェック!

はじめに、前ページで述べたニーズがあっているか。これが最注目ポイントです。どんなにいい会社でもニーズがあってないと意味がないということを忘れないでください。
チェックポイント1つ目は「ちゃんとした弁護士がいるか」です。書き込みサイトなどを消去するにはサイト運営者に消去依頼を行います。これができるのは、被害を受けた当人か弁護士と法律で定められています。弁護士がいないのにすぐに消去する、といっているなら違法行為を行う可能性があるということです。また日本弁護士連合会に所属しているかも調べましょう。
2つ目は「信頼性」。違法会社に依頼してしまうと逆に被害が大きくなる可能性があります。本当に合法な手続きで対応してくれるのか確認しましょう。また、安さで選ぶのは危険です。ネットで調べれば破格的な安さでサービスを提供しているところが見つかる可能性もありますが、いくら安くても仕事が雑だったら意味がありません。

最後の決め手は生の声と見積もり

ここまでのポイントを押さえた上で最終決定をするならやはり、問い合わせしてみることが大切です。
実際に電話をしたり、営業の担当者と会って話してみたり、アナログで手間を感じる方もいるかもしれませんが、生の声、言葉からの印象もあります。風評被害対策会社の管理・運営をしているのも人間です。どれくらい親身になってくれるのか、知識や対応力はどうか、実際に話してみないとわからないものです。
そして最後に相見積を取りましょう。既に風評被害が出ていて焦っている時ほど落ち着いて、できれば2〜3社は取るべきです。
結局、いい結果を求めるならば慎重になって、信頼できる適切な会社に頼まなければならないのです。自分が望む対応をはっきりさせ、風評被害対策会社をしっかり比較することで、最適な対策会社を見つけましょう。


この記事をシェアする